ハト・カラス・ノラネコ等の有害鳥獣忌避剤なら エビオス株式会社
 
エビオス株式会社HOME EPA登録
製品データ






お問い合せ
会社案内
HOMEニュースリリース
ニュースリリース
 
2007/08/22 経済レポート
  掲載内容  
 
伊藤忠を代理店に国内外で弾み 広島県環境サービスのハートジェル
  広島県環境サービス(佐伯区五日市中央三丁目3-10、中本友若社長)は、自社開発したハト飛来防止用忌避剤「ハートジェル」の代理店として総合商社の伊藤忠商事(大阪市)と契約を結び、国内と海外の拡販に弾みをつける。
 広島信用金庫が開催するビジネスフェアを契機に企業マッチングしたもので、こんご国内では伊藤忠商事の関連会社や取引先などの大手企業の工場等にアプローチし、海外では北米・ヨーロッパ・アジア諸国での販売を任せていく。すでに国内では伊藤忠を経由して、大手企業からの引き合いが数件きているようだ。工場等の場合は簡単な工事が伴うため、工事部門を持たない伊藤忠のためにも施工のできる電気工事店など、従来から推し進めている代理店網の構築を急いでおり、現在全国に35代理店を設置している。早い時期に空白地帯の東北・北陸に代理店を設け、最終的には各都道府県に一店は代理店を設置し、全国を網羅する計画だ。
  一方、海外は懸案となっていたEPA(米国環境保護局)の商品としての認可が今月中には下りる予定で、それを機に伊藤忠の全面協力を得て本格的な販売攻勢をかけるとともに、進出している日本企業等にも販売したいとしている。なお、ハートジェルはハトを傷つけず追い払うことのできる特殊ジェル剤。同社が平成14年9月に商品開発して販売、好調なことから直販から代理店方式に移行しメーカーへの脱皮を図っている。