ハト・カラス・ノラネコ等の有害鳥獣忌避剤なら エビオス株式会社
 
エビオス株式会社HOME EPA登録
製品データ








お問い合せ
会社案内
HOME商品>ハートジェル>ハトの生態からその駆除法まで
 
ハートジェル・野良猫シャット
 
     
   
     
   
     
 


誰しも考えつくことは、鳥には聞こえて、人間には聞こえない音はないかということです。
実際、「超音波によって鳥を追い払う」とパンフレットにうたった機器も現れました。超音波とは、人間に耳では聞くことができない15キロヘルツ(kHz)以上の高周波の音をいっています。暗やみの狭い空洞内を飛び回るコウモリが超音波をレーダーに使って、餌の昆虫を捕まえていることはよく知られています。また、ネズミでも超音波は個体間の交信の手段に使われています。もし鳥にも超音波を聞く能力があれば、それを利用した追い払いが可能になります。しかし残念ながら、鳥が聞くことができる音の周波数範囲(可聴域)は、われわれ人間よりも狭く、ほとんどの鳥は10キロヘルツ以上の音を聞くことはできません。したがって、超音波を利用した防鳥機器はありえないのです。ただし、超音波は高いエネルギーをもっていますから、それを利用して鳥を傷つける機器をつくることは不可能ではありません。しかしそれだけのエネルギーを発散させるには、相当のコストがかかりますし、第一、野外に設置するには危険で、実用的ではありません。高周波とは反対に、50~100ヘルツ以下のような低周波の音は、ハトなどが交信に利用している可能性があります。しかし、これに関する研究はいまのところありません。低周波は、また、われわれの生体に悪影響を及ぼす低周波公害として大きな問題になっていますから、これも実用性は乏しいと思われます。

(藤岡正博 著  鳥害の防ぎ方より抜粋)